自分のこと

鏡の前で人生に思いを馳せる

洗面所の電気が片方切れていたのだけれど、不便はなかったからそのまま使っていた。
それで、さっきようやく換えて驚いたのだけれど、まあ明るい!そして・・・自分の顔がよく見える。ものすごくはっきりと良く見える。
あれ、いつの間にかこんなところにシミがある、あれ、なんか肌がくすんでいると気づいてしまった。
いつもメイクして綺麗になっていたつもりだったけど、実の姿はこんなだったなんてと愕然とした。
本当は視力もあまり良くないんだけど、こんなことなら裸眼でずっと通そうと思った。
事実を知ることはとっても大事。でもわざわざ見なくてもいいこともあるかも。
知らないで生きているほうが、本人は幸せなこともあるかもしれない。他人は所詮他人で、それぞれその人の人生を生きればいいんだから。
と、電気1つで人生感まで思いを馳せてしまった鏡の前。