自分のこと

久々の実家で思ったこと

今日は久しぶりに実家に帰りました。
実家に帰るたびに思うことは少しずつ物が増えているということです。
昔から母は物を大事に取っておく性格で、洋服やバッグ、私の卒業アルバムなどきちんと保管されています。
その中には到底使う機会がないものもたくさんあります。近藤麻理恵さんの影響もあり、物を手放すことが流行っているご時世とは真逆の暮らしをしているように思います。
「要らなくなった物は捨てた方がいいよ。」と私が言うと「そうだねえ」と言いつつも全く行動に移す気配はありません。
私の母も段々と高齢になってきました。母が亡くなったあと、遺品整理をするのは当然子どもである私や兄弟になります。
そのとき、この大量の物を整理するのは大変そうだと、縁起でもありませんが感じてしまいました。
実家に帰ったときには少しずつ一緒に1点1点手に取りつつ、手放す作業をやっていこうと思いました。