世の中のこと

姫路の置塩温泉と書写山圓教寺 1泊旅行

昨日、妻と姫路にある置塩温泉に1泊し、次の日は有名な書写山にある圓教寺というお寺の観光に行ってきた。
神戸から、山陽自動車道で1時間30分程度で姫路の奥にある「ニューサンピア姫路ゆめさき」というホテルに泊まった。置塩温泉のお風呂で、単純低温泉で神経痛や冷え性に効くという。露天風呂も
そこそこ大きかったが、日帰り利用も受け入れており夕方は人が多く、ゆっくりできなかった物の、寝る前はゆっくり湯に浸かることができリラックスできた。
夕食は料金相応でまずまずと思う。

次の日は、朝風呂に入ったあと、チエックアウトし、圓教寺に行くことにした。
ホテルから車で10分ほどで書写山までのロープウエイの駅がありそこから5分で山に登る。山上駅から圓教寺まで歩いて20分、有料バスで5分だが時間を節約するためバスで行った。

圓教寺は1000年の歴史を持つ古刹。またラストサムライのロケ地。トムクルーズや渡辺謙も訪れたようだ。見事な紅葉で観光客も多かった。左甚五郎作といわれる力士の彫刻もあり、寺の軒を支えていた。素晴らしく、大きなお寺で、また行きたいと思った。