自分のこと

アジアドラマに対して熱い思い

私が見たドラマの内容で、「君は僕の談判官」です。ビーチェンの母親が職場に来てティエンユーは恋人のフリをするのです。

ビーチェンの母親は恋人がいないと受付で聞いたけどティエンユーが上司と部下で職場恋愛が禁止でバレるのは内緒で交際してると言うのです。ビーチェンの母親とシャオフェイとお互い信頼してルームシェアは問題ないというのです。ビーチェンの母親は都会の高額な家賃で狭い家に納得しない様子だったのです。

ビーチェンの母親はベランダでウェイを見て単なる友達の関係じゃないと疑うのです。ビーチェンの母は娘がティエンユーと半年付き合ってベランダを車から降りるのを眺めていたのです。ウェイは解雇される現場に3人で相手は良い印象を抱かなかったけど技術者があまりVRに関心があるから天使の基金でプロジェクト案を出して欲しいと言うのです。

交渉の結果15人が補償で18人が起業を選びましたと言ってウェイが仕事をやり遂げたのです。ティエンユーが車の運転で1週間の交渉で疲れたと思ったけどウェイは平気なのです。ティエンユーは長期の契約3年を提案してウェイは2年で本業に戻るから契約を結ばないと言うのです。ティエンユーが福通は報酬を2倍を出すと言ってもウェイはお金じゃないと言ってティエンユーもウェイが本部に行きたい思いが分かってたのです。