Month: 8月 2017

恵比寿で税理士を選ぶ際の注意点とは?

恵比寿で良い税理士を探している…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いい税理士に出会い、そしてアドバイスを受けるだけで、大きく節税をすることが出来たり、さらに企業経営においても大きくプラスになることもあります。このため、税理士選びは、慎重になる必要があると言えるでしょう。

そこで、恵比寿 税理士を選ぶ際には、どういったポイントで選べば失敗をしないのでしょうか。

まず、いい税理士ですが、相性がいいかという点が重要なポイントであると言えるでしょう。いくらいい税理士といわれていても、自分が納得できなかったり、さらに相性が悪ければ、長く付き合っていくのは厳しくなると言えます。たとえば、説明が分かりやすかったりするかどうかなども大切ですし、話しやすいかどうか、接しやすいかどうかも重要であると言えるでしょう。

税理士に依頼すると言っても、最終的には、人間同士の付き合いになりますので、相性が良いかは重要なポイントです。

また、税理士を選ぶ際には、説明がわかりやすいかどうかも重要なポイントであると言えるでしょう。税理士の税の仕組みは非常に複雑でわかりにくいです。素人にはわかりにくい部分も偉そうにせず、説明をきちんとしてくれる税理士が良い税理士で、信頼できると言えるでしょう。

また、レスポンスが早いかどうかも大切です。こちらが知りたいことや、急な質問にもすぐに対応をしてくれるかどうかは、重要な判断基準となります。レスポンスが遅かったり、返答が遅いと不審に感じられますし、何かあったときに困りますので、レスポンスが早い税理士を選ぶ必要があります。

また、最近では、大切なところとして、その業界を理解しているかどうか、また社長の痛みを感じてくれるか、味方になってくれるかどうかが重要です。税理士というのは、正しく税を申告するというのが業務ですので、業界についての知識がない税理士も少なからずいますし、節税に関しては、あまり味方になってくれない税理士もいるようです。

しかし、いい税理士を選びたいのであれば、味方になってくれるような税理士であり、色んなことについてアドバイスをくれるようなそんな税理士を選ぶことが失敗しないこつです。

良いところで旦那が帰ってきてしまったので

私は普段、幾つかの韓国ドラマや中国ドラマを同時に録画しておいて後からじっくり見ています。ただ、録画しまくるので直ぐに録画専用のチューナーの容量が一杯になってしまうので、毎日せっせと見ています。

 

先日、自宅を1週間程留守にしたので、その間にも沢山ドラマが録画されていたので、容量が結構ピンチなので急いでドラマを見ては消しているのです。暇さえあれば録画していたドラマを見ながら家事をこなしたり、作業をしているのですが、それでもまだまだ沢山あるので、時間も惜しいので、旦那が帰ってくる調度30分ぐらい前に、30分ドラマを見てしまおうと再生していました。

 

ドラマが後10分ぐらいで終わるという段階で旦那が帰ってきてしまいました。何故旦那が来たらドラマが見れないかと言うと、スカパーで野球の中継を放送しているので、日中仕事でテレビが見られない旦那が優先なのです。

 

一番中途半端な所で再生をストップさせたのでちょっとモヤモヤします。野球が終わって、旦那がお風呂に入った時にでもささっと見てしまおうと思います。しかも悲しい回なので泣かない様に気をつけたいです。

ちょっと飽きてきたポテト

私は近所のコンビニ、ミニストップで売っているXフライドポテトにはまってしまって、毎日買いに行って食べていたのですが、最近、やっと飽きてきました。最初の頃は1日に2回くらい買いに行って食べていたくらいですが、だんだんと硬くなってしまっているポテトと出会ってしまったりして、食べづらいなと思うようになってから、だんだんと熱が冷めてしまったのです。ほぼ、毎日買って食べていましたが、最近はポテトを買わない時もあって、レジのネパール人の店員さんから「ポテトは?」と聞かれたりするほどです。

フライドポテトはとても美味しいと思いますが、美味しく感じるのはケチャップなんだなと思うようになりました。スクランブルエッグにケチャップをかけても美味しいと感じるので、やっぱりケチャップが鍵なのだと思います。

ハンバーガーショップでハンバーガーを食べた時にハインツのケチャップが置いてあったのですが、それをかけたらすごく美味しくて、備え付けのポテトも美味しく感じて、それ以来ポテトにはまってしまって、美味しくいただくようになったのです。

夜のスマホで疲れ目が悪化

夜眠る前に、暗い中でスマホやゲーム画面を見るのって、かなり目に良くないらしいですね。

 

わかってはいるんですが、ついつい毎日やってしまいます・・・。

 

以前ガラケーだったころより、ケータイを見る時間が圧倒的に長くなりました。

ほとんど、ヒマさえあればスマホ画面をスッスしている感じですね。

 

そのせいか常に目が疲れていて、かすみ目に悩まされることが多くなってきてしまいました。

 

元からけっこう視力は悪いほうなのですが、ここ最近はますます悪化しているような気さえします。

 

なるべくスマホをいじらずに目を休ませなければと思っていますが、実行するのはなかなか難しいものですね。

 

もう無意識に近い状態で、スーッとスマホに手を伸ばしてしまいます。

 

これっていわゆる、スマホ依存症というものなんでしょうかね。

 

手元にスマホがなければ落ち着かないし、すぐ画面を開いて色々とチェックしなければ気が済まないんです。

 

ただ唯一の救いは、自分が若いころにはスマホがなくて良かった~…というところでしょうか。

 

あればものすごく便利なツールですが、利用しているようで逆に振り回されているような気もします。

 

特に多感な中高生の時期などには、スマホがなくて本当に良かったと思います。

 

そう思うと、現代の子供たちって大変ですよねぇ。