Month: 11月 2018

絶対に失敗したくない離婚

本気で妻とは離婚したいと思うようになったのは、2年くらい前からのことです。その願いがようやく叶ったのは、弁護士のおかげであることはいうまでもありません。頼りになる男性の離婚相談弁護士を紹介してくれたのは、私と同様に離婚についての悩みを抱えていた同僚であり、心から感謝しています。

妻との離婚を躊躇させていたのは、他でもない子供の存在だったのです。やはり、子供には迷惑をかけたくないという思いもあり、妻とは別れずにいました。妻との相性は元々良かったのですが、仕事をするようになり、生活力をつけるようになってからは、私に対しても強い態度で臨むようになってきました。ワークライフバランスや女性が光り輝く社会も良いですが、その一方で女性の発言力が増してきているのも事実といえるのではないでしょうか。昔であれば、夫に対しての不平不満があったとしても、我慢していた女性も今ではお構いなく男性に強く出るようになりました。

私は、妻との離婚をなるべく上手くしたいと考えるようになり、男性向け弁 護 士に依頼することを決意しました。弁護士などの専門家の意見を聞くことによって、離婚に伴う損失を最小限に食い止めることもできます。なんといっても、子供とのふれあいの機会を奪われてしまうことだけは避けたいという気持ちが大勢を占めているのも正直なところです。また、慰謝料や毎月の養育費などの負担もできるだけ少なくできたことも、弁護士のおかげです。

人生設計における就職とは

大学在学中に出てくる大きな悩みの一つに卒業後の進路つまり、就職先という問題があるだろう。
大半の人が就職活動を行いますが、そのままフリータになってしまう学生が8%弱存在しているのも事実としてあります。

将来の行いたいことがあるから、フリータとしてお金を稼ぐという道もあるでしょうし、就職活動をせずにフリータとなる方もいるでしょう。
現状として、いくつもの仕事を掛け持ちをすることで、前者の理由でも後者の理由でも、生活を行うことはできるでしょう。

しかし、後者の場合は将来を見据えたものではないため、なかなか目標が見つけられなくなる可能性も少なくないと思います。学生時代にしたいことがないからフリーターになるという道を選択することは、とてももったいないことではないかと思います。

まずは、どこかの業界に身を置き、仕事を行うことで、自分が行いたいことも見える可能性があるため、就職活動を行わず何となくフリーターになるという選択肢を学生時代から持ってほしくないと私は思います。

ファクタリングの利点とリスク

ファクタリングという言葉を聞いたことはありますか?これを利用すると、企業が所有している売上債権をそのファクタリングした会社が買い取ってくれます。

これは、投資を重視した世界思考にのっているとも言える、最近人気のシステムです。こうやって第三者と繋がることで、回収不能になって不良債権化が生じるリスクが低くなります。

また、スピーディに現金化できるようになるのも利点です。日本では中小企業にこのシステムを採用するところが増えていますが、便利で利益的な分、多くの損失を出させる詐欺などがおきているのも現状にあるようです。その背景には、ファクタリングが法的には金融取引であって、違法ではないことがあるようです。売買契約、債権譲渡などと言われれば元も子もありませんので、信頼できる業者を選ぶよう気をつけましょう。

システムエンジニアになるためには

システムエンジニアという仕事は誰しも耳にしたことがあると思います。システムエンジニアは、システムの設計や開発などを行う職種を指します。IT社会になっている現在、世の中においてとても重要な役割を果たしています。そんなシステムエンジニアになるためにはどうすればよいのでしょうか。
システムエンジニアになるめには、システム開発会社等に就職すればなることができます。大学や専門学校などを経て採用試験を受ければよいわけです。企業数もたくさんあるので、ハードルが高いというわけではありません。

システムエンジニアは機械に強ければ大丈夫というイメージをお持ちの方も多いと思います。コミュニケーションは苦手だけど、IT分野は誰にも負けないからシステムエンジニアになろうと考えている方もいるでしょう。しかし、システムエンジニアはコミュニケーション能力も非常に重要な仕事なのです。なぜなら、顧客や同僚との話し合いが多いからです。そのため、自分の考えを論理的に話す能力やヒアリング力なども求められるのです。このように、システムエンジニアは技術力のみならずコミュニケーション力も必要であることを覚えておきましょう。

マイホーム購入計画スタート

結婚してから10年になります。
子どもも2人できました。
両方男の子。
小学生になりました。
小さなころの私に似ていて、とてもやんちゃです。
今住んでいる3LDKの賃貸アパートを所せましと走りまわっています。
そのせいか、アパートのあちこちが壊されているのです。
妻の顔がだんたんひきつっていきます。
賃貸ですから、アパートを退去するとき法外な修繕費用を請求されるかもしれません。
そんな現実を前にすると、そろそろマイホームを購入する時期なのかなと感じます。
私も35歳になりました。
自分の城であるマイホームを自分の力で立てることは人生の一大事業です。
人の言うなりに任せておいては、後で後悔してしまいます。
不動産についての知識を、蓄えなければいけません。
悪質な不動産業者に騙された事例は、いっぱいあります。
それにしても、不動産を取得するためにも税金がかかるのですね。
固定資産税だけかと思っていました。
やれやれです。
お金、お金の世の中の世知辛さを感じてしまいます。